わん獣士タロン

わん獣士タロン

わん獣士シロンの想いに共感して、参入した2人目のわん獣士。ある要人の「飼い犬」として尻尾を振っていた過去を恥じ、スナイパーとしての腕を振るう。