流浪の王子ルーク

流浪の王子ルーク

アルカデア王国の王子にして守護の光に導かれた次代の王。魔神デスロットとの遭遇(そうぐう)に、聖なる光がその身を包んだとか? 王都を失い、守護神アルカデアの残した力を求めて旅に出る。「俺が…やるしかないんだ!」